戦略コンサルタントの求人がある転職サイト・転職エージェント

戦略コンサルタントの求人がある転職サイト・転職エージェント

戦略コンサルティング会社への転職をしたい人は多いですが、
ご存じ難易度はとても高いですよね。

戦略コンサルタントへの転職に必要な準備

ケース面接対策

戦略コンサルティングファームと言えばケース面接。
今や候補者は誰もがケース面接の存在を知っているし、かなり準備してきます。
だからこそケース面接「ぐらいは」こなせるだけの準備はしておきたいところ。
バイブル的存在の対策書籍
戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策
などは何度も解いておきたい所です。

コンサルティングファームごとの違いを理解する

これは実はあまり理解していない候補者が多かったりします。
戦略コンサルファームは主に戦略系、IT系、財務会計系の3つが主流です。

戦略系はマッキンゼー、BCGなど。
IT系はアクセンチュア、アビームなど。
財務会計系はデロイトトーマツ、PwC、KPMGなど。

これらは○○系と言った位置づけがありつつも、互いに全ての事業をグループ会社等含めてやっている場合もあります。
だから戦略コンサル業界外からは立ち位置がつかみづらく、似たような会社に見えてしまうかも知れません。

なおそれ以外にマーサーやタワーズワトソンなどの人事系、野村総研などのシンクタンク系、経営共創基盤などの事業再生系などなど、実に多彩なコンサルティングファームがあります。
これらは「事業戦略に対する戦略立案や実行サポート」ではなく、それぞれの領域のコンサルティングを行っている場合がほとんど。
ですがやはり「戦略コンサル会社」と思われている事も多々あります。

各社に色があり、あなたが漠然と「戦略コンサルに行きたい」とだけ思っているなら、
各社の違いを調べた上で、もう少し業界を絞り込んでみると適した会社があるかも知れません。

コンサルティングファームの最新業界動向も抑えよう

また近年では電通やオプトと言った広告代理店などが事業戦略コンサルティング事業を担っていたり、
逆に戦略系コンサルファームがマーケティング、広告やクリエイティブ方面へ進出するために関連会社を買収するなど、
互いの領域が交わりつつあります。

従来、広告業界から戦略コンサルへの転職と言うと、総合計広告代理店でのアカウントプランナー/営業ではなく、
事業戦略のリサーチや分析、プランニングを行うストラテジックプランナー、いわゆるストプラ職が採用の対象になる事はありました。
ですがここ数年は優秀なアカウントプランナーや広告運用、デザイナーと言った職種も採用の対象になっています。

そういう意味で広告、マーケティング業界から戦略コンサルティングファームへ転職する門戸も一部開放され始めています。

転職活動を1人で準備しない

ひとりで戦略コンサルタントの転職活動を何とかしようとする人は、例外なく失敗すると思って良いです。
戦略コンサルになれる人や転職が成功する人は、
ありとあらゆる角度から準備をする必要がある事を理解しています。
キャンディデート(候補者)の全員がハイスペックなエリートと言っても過言ではありません。

またいざコンサルの職務でパフォーマンスを発揮しようとすると、多角的、俯瞰的、具体的にデータやファクトを見る目が不可欠になります。
だから選考の段階でも準備を入念にできない時点で脱落します。

また既にコンサルティングファームで働いている人と何とか繋がりアドバイスを貰ったり、
面接を有利に進められるようなロビー活動をしたり、
模擬面接を何度も準備したりと言った事は当たり前に出来た方が合格率は上がります。

「戦略コンサル専門の」転職エージェントへの相談は必須

で、これらの過程で、よほどヘッドハンティングを受けるなどしていない限り、
転職エージェントへの相談は必須です。

戦略コンサルティングファームへの転職支援となると、専門のエージェントが絶対に良いですね。
専門の転職エージェントならファームからの情報収集や予備知識、業界動向などは抑えています。
彼らから出されるアドバイスや課題もかなり気合の入ったものが多く、応募者にもそれをやり抜く気質が求められます。

その上で、専門のエージェントはコンサルタントへの合格率の低そうな候補者を合格に導いたりもしますし、
コンサルタント別の細かい課題や悩みなどにも精通しています。
以前は戦略コンサルだった人が在籍したりアドバイザリーになっているエージェントも当然ながら多いです。

戦略コンサルティングファーム専門の求人のある転職サイト・転職エージェント

戦略コンサルティングファームに特化した転職サイトやエージェントをうたう所は多いです。
が、扱う求人案件がほとんど戦略系ではないとか、コンサルティングファームですらないとかはよくあります。

ここでは戦略コンサルティングファームに特化してると言える(求人を扱い、業界動向に明るく、かつ面接等の専門的なアドバイスを細かくできる)サービスを紹介します。

なお、コンサルティングファームってこう言う専門エージェントの非公開求人でしか見られない事も多々ありますので、基本的に利用しない手はないでしょう。

ムービン

コンサルタント転職のムービン 転職支援実績No.1エージェント - 戦略コンサル、外資系コンサルティングファームへの転職ならムービン
コンサルティング業界に強い、転職支援実績・転職成功率No.1エージェント。コンサル業界出身者がサポートするコンサルタント転職専門人材紹介会社「ムービン」。戦略コンサルティングファームをはじめとする経営コンサルタントへの転職対策、履歴書・面接・ケース対策まで無料で転職支援。国内・外資系含めご支援できる主要コンサルティング...

ムービンは日本有数の戦略コンサルティングファーム特化の転職エージェント。
ご存じの方も多いと思いますし、既に利用している人も多いでしょう。

ここは私の周りのコンサルタントのほとんどが利用した事があるようでとても有名。
数少ない「ガチ」のエージェントです。
最初は戦略だけで、後から別のコンサルファームや、戦略コンサルから事業会社へ行きたい人(いわゆるポストコンサル)の転職支援も始めました。

また未経験者へのアドバイスも充実しています。私の周りでも、ムービンを通じて未経験でコンサルになった人数はとても多い。

戦略コンサルになりたい、転職したいなら登録必須です。

CONCORDコンサル&ポストコンサル転職

コンサル&ポストコンサル転職 - コンコードエグゼクティブグループ
コンサルキャリアのNo.1人材紹介サービス。戦略/ITコンサル出身者を擁するコンコードのキャリアコンサルタントが書類~ケース面接対策まで無料で支援。

コンコードは、コンコードエグゼクティブグループと言うヘッドハンティングの会社が運営する、
コンサルティングファーム専門のエージェント。
コンコード自体はヘッドハンター大賞で最優秀賞を受賞した人など、
とても優秀なヘッドハンターを抱える業界随一の会社です。

当然同社が運営するエージェントサービスである「コンコード コンサル&ポストコンサル転職」もコンサルティングファームとのコネクションも豊富で、
業界動向にもかなり精通しております。

ANTELOPE(アンテロープ)

金融業界・コンサルタント・事業会社転職のアンテロープ
金融、コンサルタント、事業会社への転職はアンテロープキャリアコンサルティングへお任せ下さい。公認会計士 、証券会社 、PEファンド、FAS、経営コンサルティングといったプロフェッショナル向け業種の求人数は国内最大規模。外資系国内系を問わず、最新求人情報や選考対策等を無料でご提供いたします。

アンテロープはコンサルティングファームの求人案件を数多く扱う転職エージェント。
業界での運営実績も長く、多くのファームとのコネクションがあります。
ただし、戦略系となると求人案件も多くはなく、かつ未経験からコンサルへのアドバイスもそこまで強くない印象。

JACリクルートメント

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)公式サイト
JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系企業への転職で有名な転職エージェントですが、
コンサルや外資系投資銀行と言ったハイクラスの求人も多数扱っています。

またエージェントもレベルがとても高く、業界に相当精通しており、面接などのアドバイスも的確です。

求人案件も、基本的に有名どころは大体揃っていると思って良いでしょう。

AXIS CONSULTING(アクシスコンサルティング)

コンサルタントの転職・キャリア設計ならアクシスコンサルティング
アクシスコンサルティングはコンサルタントの全てのキャリアプランを熟知した転職エージェント。コンサルタントのファーム内でのキャリアアップだけでなく、ポストコンサルとして事業会社への転職、フリーコンサルタントとしての独立をサポートします。

アクシスコンサルティングは広くコンサルティングファームへの転職や、コンサル→事業会社のポストコンサル案件を専門に扱う転職エージェント。
戦略系も少ないながら求人を扱っています。

BIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチ|選ばれた人だけのハイクラス転職サイト
ビズリーチは、管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級の会員制転職サイトです。

ビズリーチは知りあいが使っていて、コンサル案件の紹介を受けたとの事。
ですが、やはり戦略コンサルへの転職活動の細かいアドバイスについては他のエージェントの方が良かったみたいです。一応。