健康のための気密

高気密・高断熱の最大の目的は健康

住宅の気密性能、断熱性能を高めることは、省エネルギー性能を飛躍的にアップさせ、住宅の価値を高めます。 そのためこれまで、高気密住宅や高断熱住宅は、省エネルギー性能が高いため、光熱費が節約できて経済的、といった切り口で語られることが多くなっていました。 しかし最近では、健康志向の高まりを受けて、こうした高気密住宅や高断熱住宅は、住む人の健康のため、という視点で語られることが多くなってきました。 高気密化、高断熱化は、大きく2つの点で、住む人の健康に寄与するということが指摘されています。 1つはヒートショックの予防、もう1つは冷えによる慢性的な健康被害の軽減です。 今後ますます高気密住宅や高断熱住宅は、こうした住む人の健康への寄与という方向性が追求されていくものと予測されます。

住む人の健康をトータルなバランスの中で考える

住宅の浴室での死亡事故は、年間17000人にもおよぶと言われています。これは交通事故による死亡件数をはるかにしのぐ数字です。そして、その大きな原因がヒートショックです。 このヒートショックを予防するには、冬期の室温を一定以上に保つことが大切で、そのためには高気密化、高断熱化が絶対条件になります。 また、こうした高気密化、高断熱化をすすめればすすめるほど、冷えや結露によるダニやカビの発生を防ぎ、その結果、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの改善につながったという調査結果もあります。 ただしその一方で、適切な室内の換気なしに、高気密住宅や高断熱住宅を実現すると、シックハウス症候群の原因になることも、同時に指摘されています。 つまり、高気密住宅や高断熱住宅は、住む人の健康をトータルなバランスの中で考えるという視点が大切になるのです。